キャニオニングと宿泊

​ハイドロスピードについて

2016年02月18日 16時13分


アウトドアに興味をお持ちの方は、ラフティングやキャニオニングという言葉を
聞いたことがあるのではないかと思います。
ラフティングやキャニオニングは、今や川遊びの代表ともいえるアクティビティーになるのではないかと
思いますが、これらのほかにハイドロスピードと呼ばれるアクティビティーも人気が高まってきています。
 
ハイドロスピードが何かわからない、という方も多いのではないかと思いますが、
ラフティングやキャニオニングと同じく川の中で行うアクティビティーです。
ハイドロスピードもラフティングと同じように、ボートに乗って川を下っていきます。
しかし、大きく違う点は、ハイドロスピードは一人乗りのボートを利用するという点です。
 
ラフティングとは異なり、ハイドロスピードは急流を下るための一人乗りのボディーボードになります。
様々な川遊びがありますが、恐らくハイドロスピードが最も川の流れの早さを実感することのできる、
スリルのあるアクティビティーになるのではないかと思います。
 
一人で行うアクティビティーですのでラフティングなどで感じることのできるチームワークなどはありませんが、
一人で好きなようにボートを進めることができますので、
個人プレイが好きだという方は一度チャレンジしてみるとよいと思います。
人工的なジェットコースターとは違い、純粋にスリルを味わうことができるのではないでしょうか?
 
やはり雨の多い時期などは川の流れが速く、特にハイドロスピードのスピード感を味わうことが
できるのではないかと思います。
しかし、逆に川の流れが遅いところも足にフィンを付けて自分でボートを推し進めることが可能です。
自分の好きなように流れていくことができますので、興味のある方は一度やってみるとよいでしょう。
 
しかし、業者によってはハイドロスピードを取り扱っていないところがあります。
ラフティングやキャニオニングとは違いまだまだ知名度の低いアクティビティーになりますので、
取り扱っている業者を見つけてチャレンジしてみるとよいでしょう。